映像制作の流れ

ヒアリング

具体的な映像広告をご提案させて頂く前に弊社独自のヒアリングシートを使い、お客様からプロモーションをご希望の商品やサービスについて、用途やターゲット層、広告制作を希望するに至った背景などをお伺いさせて頂き、映像広告制作のプロとしての観点からコンサルティングさせて頂きます。

目標の設定

ステップ1のヒアリングを通して、お客様が映像広告を制作する上でどのような課題解決を目指すのか。
まずは目標を明確に設定します。目標を明確にした上で、その目標を実現する上で、ターゲットへの最適なアプローチを考え映像広告の企画を作成していきます。

企画・構成提案

ヒアリングと目標の設定を行い目指す方向性をお客さまと弊社、お互いが共通認識した後、映像広告の具体的な企画・構成案をご提案させて頂きます。映像広告のコンセプトや映像のおおまかな流れ、簡単なナレーション原稿の作成を通して、映像広告の企画を具体化していきます。

デザイン提案

私たちは、撮影した映像を単純につなげて編集するだけでなく、映像における『デザイン』も非常に重要であると考えます。伝えたいメッセージをより伝わりやすくするためには、どのような色づかいやフォントを採用し、映像でどのような動きをつけるのか。そこには全てコンセプトを伝わりやすくするための「意図」が存在しています。

映像広告制作

企画や台本、デザインの方向性が固まったら、いよいよ実際の映像広告制作へと着手します。撮影が必要な場合は撮影手配を行い、撮影。撮影した素材を社内で編集します。最終的には音楽や効果音、ナレーション収録を経て、映像広告が完成します。わたしたちは映像広告の企画から完成まで、全ての工程をご提供させて頂いています。

最終出力

映像広告が完成したら、それで終わりではありません。一番映像を観てもらいたい人、ターゲット層に映像を届けることが必要です。現在ではWEBを始め、映像広告の活用の場は非常に多岐に渡っています。わたしたちは、TVCM用の納品形態から、DVD、WEB、iPad用の納品まで幅広いフォーマットの最終出力に対応しています。